4194289
Mizuの掲示板

[トップに戻る] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
URL
題  名
イメージ
   (画像の参照はクリアされます)
コメント
画 像 1
画 像 2
画 像 3
投稿画像の数を変更できます→ (画像の参照はクリアされます)
修正キー (英数字で8文字以内。自分の記事を修正・削除できて便利です)
文字色
記事の修正・削除をする窓は掲示板最下部にあります

・・・枠のある画像はクリックすると拡大表示します・・・


new 「うだつ」と「土柱」  投稿者: Mizu 投稿日:2017/03/23(Thu) 16:40 No.4969   HomePage

明日から1泊で四国は徳島へ「うだつ」と「土柱」を見に行ってきます。
「うだつ」と「土柱」が何たる物か・・その内書きますので…。
車で行けば便利なのですが、高齢者の運転が何かと世間を騒がせているので、
仕方ない、用心深く、電車で行ってきます。

写真は、門の外に植えているヒイラギナンテンです。
葉陰になっているのは、葉も花も赤味がありません。



new 「岡崎界隈を散策」  投稿者: Mizu 投稿日:2017/03/21(Tue) 14:25 No.4968   HomePage

『京都』に「岡崎界隈を散策」を入れました。

平安神宮の大鳥居は、道路の真ん中で立ち止まって撮った訳ではありません。
実際には、横断歩道を渡る時に、サッと撮ったものです。

岡崎界隈を歩く前に、実は、二条城へ行きました。
その頃は、青空がきれいだったのに、岡崎へ行った頃には雲が出てきて、
ページに載せた写真は、いずれも曇り空の写真になってしまいました。

なお、「二条城の源平咲き分け梅」は『京都』の20番目で載せています。



「満開の岩代大梅林」  投稿者: Mizu 投稿日:2017/03/12(Sun) 11:00 No.4964   HomePage
うめ 『ネタ旅紀行』に「満開の岩代大梅林」を入れました。

「南部駅」の写真は、1日目に着いた時に撮ったもので、快晴でした。
翌日は曇り空で、ページに入れた写真も写りが悪かったです。

岩代大梅林を見て南部駅に着いた時、駅のお知らせを見てアッと言いました。
電車が強風のために運転取り止めとなっていたのです。
(ニュースでは、この日は、あちこちで強風のため被害が出ていた。)
でも、運転休止は新宮間と白浜で、白浜から南部・新大阪へは平常運転でした。
我々が乗るのは「くろしお24号」で、予定通りに帰れました。ホッ。



「見頃を迎えた南部梅林」  投稿者: Mizu 投稿日:2017/03/05(Sun) 10:53 No.4963   HomePage
うめ 『ネタ旅紀行』に「見頃を迎えた南部梅林」を入れました。

(1) 「うめ振興館」も見学しました。
(2) そこで展示されていた、現存する日本最古の梅干。
  江戸時代末期の薬草漬け梅干しだそうです。
(3) カプセル自動販売機「南高梅の梅干し入りガチャポン」。
  梅干し入りのガチャポンというのは珍しいと撮っておきました。



お雛様  投稿者: 福ちゃん 投稿日:2017/02/26(Sun) 17:23 No.4960

少し若返って昔の名前でメールをします。すっかり年をとってヘロヘロのおばばになりましたが、時々気分は若くなります。
今年もお雛様の季節になりました。飾るのも面倒なのですが、孫たちが楽しみにしているので、飾りました。孫が、3人8歳、6歳、4歳になったので、ほとんど孫たちが飾りました。ちょっと楽になりました。部屋も華やいでいいものです。ミズさんはお孫さんが少し遠くなったので・・・・でも飾りましたか。私もふだんはじじ、ばばの二人なのですが、おすしをつくって、節句を祝おうかなと、思っています。
このところ寒いし、時々の孫の世話で旅にもでていないので、ミズの部屋や、旅の本や、テレビの旅番組をみて、行きたいところを考えています。出かけられるといいのですが。




Re: お雛様   Mizu - 2017/02/27(Mon) 10:04 No.4961   HomePage

Mizu専用 福ちゃん! おぉ、お久しぶりです! 書き込み、ありがとう!!

お雛様、お部屋は華やぎますが、飾るの大変ですよね。
孫たちが広島へ行ってしまったこと、掲示板で読んでいただいてたんですね、
そうなんですよ、それで我が家では今年は飾りませんでした。
いつもは、お雛様と桃の花も飾り、お寿司を作ってみんなで祝ってましたが、
今年は、ひなあられだけを買ってきました。寂しい〜。

1週間前に、和歌山県の南部梅林へ行ってきました。
梅の花は、またページに入れますので、今ここではデコポンの写真を。
ミカンの木がある!と近づいたらデコポンのようでした。
下に落ちている実も傷んではいないようで、拾えば食べられたかもしれないけど、
撮ったのは写真だけで、取りませんでした。
大きくて立派なデコポンが落ちていて勿体なかったです。未練たらしい。



横断歩道を渡る時にも細心の注意...  投稿者: Mizu 投稿日:2017/02/24(Fri) 16:40 No.4959   HomePage

先日、青信号で横断歩道を渡っている時に危ない思いをしました。
横断歩道で、私は左側の先を、夫は右側の後ろを歩いていました。
そこへ、前から来て右折する車が、我々の真ん中へ突っ込んできました。
歩行者が渡っているのですから、車は当然止まるものと思っていました。
慌てて私は前へと飛びのき、夫は咄嗟に後ろへ退きました。
夫は、車の窓を手でたたいて初めて夫の方を見た運転手に注意をしたそうです。
私は、初めてこちらを向いた運転手に「危ないじゃないの!」と文句を言いました。
車のスピードが遅かったので、轢かれることもなく無事でしたが。
運転していたのは、高齢の男性でした。

中国やベトナムでは、車は歩行者を見ても止まってはくれないので、
青信号でも注意をして渡らなければいけないという経験をしましたが、
日本でも、横断歩道を渡っていて車に突っ込まれる・・なんて、ね。

夫に、くれぐれも気を付けてよと言ったのですが、それは、
運転する時に気を付けてよという意味で言いましたよ。(^^;)



「京都三熊野神社」  投稿者: Mizu 投稿日:2017/02/18(Sat) 13:48 No.4955   HomePage

『京都』に「京都三熊野神社」を入れました。

(1)ページに入れた写真では、青空の写真もありますが、
 一時的には、こんなに雪が降ってきたこともありました。
 この日は全国では大雪だったのに、京都では積雪もなかったので
 急遽出かけることにしたものですが、やっぱりね、という感じでした。

(2)新島襄と八重のお墓へ行く道は、本当に結構な山道だったのです。
 こんな風に、山登り用の杖が置かれていた位ですから。
 それを、街歩きの靴で登ったのですから、本当に難儀でした。

(3)紅葉の頃は大勢の観光客で混み合う永観堂も、冬はこんな感じです。
 あ、永観堂前から熊野若王子神社へと道が通じているのです。



カイヅカイブキの白い帽子  投稿者: Mizu 投稿日:2017/02/11(Sat) 11:10 No.4951   HomePage

昨日(金曜日)は、全国では大雪のようでしたが、京都市内では全然でした。
朝起きると、屋根にはうっすらと雪が積もっていたものの道路には雪がなく、
昨日は何も予定を入れてなかったので、急遽、近隣へ出かけました。
八咫烏と深い関係がある京都3熊野神社を巡りました。
このことは後日ページに書くつもりです。

昨日と打って変わって今日(土曜日)は一面の雪景色です。
でも、下で載せている1月15日の大雪には及びません。
気象庁の呼びかけに応えて、不要不急の外出を控え家に閉じこもっています。

庭のカイヅカイブキには、白い帽子を被ったように雪が積もっています。
庭で下から撮った写真と、二階のベランダから撮った写真です。
太陽が出ていて、道路の雪は早くも融けかかっています。



「枯れないルスカス」追記  投稿者: Mizu 投稿日:2017/02/05(Sun) 14:26 No.4946   HomePage

『徒然記』に「枯れないルスカス」の追記を入れました。

追記はこれで3度目ですが、2度目の花が咲いたのでもう一度入れました。
もっと変化があるかなと、1月22日に写真を撮った後待っていたのですが、
その後は何ら変化もなさそうなので、この辺りで入れておきます。

1年半が経ったのに、枝は葉も枯れることなく変わらず元気です。
この様子なら、8月になると2年が経つことになります。
花瓶の中で、わずかな水を吸い上げて、2度も花を咲かせるなんて。
見習うべきでしょうか…。





Re: 「枯れないルスカス」追記   ひでっちゃん - 2017/02/08(Wed) 23:17 No.4949

Mizuさん、先日はありがとうございました。

「ルスカス」根が出ないのに、「1年半も生き・花を2回も咲かし」、凄い生命力にビックリです。この生命力を人間に転化できれば凄いことですが…。

OL10のHPに写真をまだアップ出来ていません。(結構忙しい?)

先日(2月4日)、京都精華大学人文学部まで行ってきましたが、片道2時間超、遠いですね。Mizuさんもこんな遠いところから神戸まで来ていただいて、本当に有難うございました。(岡山が近いのを実感しました。)
京都精華大学人文学部で、附属17回生の橘さんが自主製作された映画「太陽の蓋」の自主上映会に行ってたのです。大阪・岡山で劇場上映されたのですが視に行けなかったので悔やんでいたら、京都での上映(無料)を知り、行ってきました。
「太陽の蓋」は6年前の2011年3月11日の東日本大地震後福島第一原子力発電所起こった5日間を、当事者にヒヤリングしながら製作・制作された映画で、総理大臣・官房長官・秘書官達が実名で登場です。《当然、俳優さんが役を担ってますが)
なぜか電力会社名や原子力委員会の委員長名などは別名でした。(当然調べれば判るべきものですが)
※写真1:映画のポスター

緊張して画面に見入った(聴き入った)映画でした。

上映後、当時の政府責任者菅元首相や福山元内閣副官房長官、製作者の橘君、精華大学人文学部教授のアフタートーク、質疑応答があり、良い勉強になりました。

今日は、六甲砂防事務所(国交省)の「どんぐり育成プログラム(植樹)」の行事が始まり、それの支援に行ってきました。これは、小学3年生の秋に六甲山で拾ってきたどんぐりを鉢植えし、2〜3年育てた苗木を、卒業記念等で六甲山へ植樹するもので、木が大きくなると土砂災害に強い山となることを勉強してもらいます。小学校単位ですが今年は5校です。(神戸市内)
山歩きをめったにしないので、結構疲れます。
※写真2

明日も雪模様見たいですが、別の小学校から「実施します」との連絡があり、支援に出かけます。

では又





Re: 「枯れないルスカス」追記   Mizu - 2017/02/09(Thu) 15:39 No.4950   HomePage

Mizu専用 ひでっちゃん、もう2週間前になりますね。
幹事役は大変ですのに、こちらこそお世話になり、ありがとうございました。
私は、幹事役など苦手で、行くだけなら喜んで行けます。

神戸から「太陽の蓋」を観るために、精華大学へ来られたのですか!
後から新聞か何かで見た記憶がありますが、事前には知りませんでした。
上映の情報をよく入手されましたね。
福山哲郎さんは京都ですけど、菅直人元総理も座談会に来られたのですか!

どんぐりの木の植樹の支援まで、いろいろ活躍されているのですね!
山を歩くのはしんどいけど、山の中の空気は澄んでいて気持ち良いですよね。

今日も雪が降る中を筋トレに行ってきました。
明日は雪が積もりそうだし、明後日は休日でお休みだからです。
明日も植樹の支援に行かれるとか、雪でしたらくれぐれも気を付けて。



「西条(東広島市)の酒蔵通り」  投稿者: Mizu 投稿日:2017/02/01(Wed) 13:46 No.4945   HomePage

『ネタ旅紀行』に「西条(東広島市)の酒蔵通り」を入れました。

ページに入れた「酒都西条の酒蔵通り」のマンホールの絵ですが、
なかなかにきれいなものでした。

写真は、1週間前に神戸へ行った時に撮ったものですが、
汚水マンホールだと思って撮ったのに、よく見ると消火栓だったようです。
神戸なので、やはり風見鶏が入っていますね。

時が経つのが早く、新しい年になって早1ヶ月が過ぎました。
東広島市の息子一家を訪ねたのは去年の12月23−24日だったので、
ページを載せるのに1ヶ月以上が経ってしまっていました。。
現在ネタ切れなので、入れておきました。



[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(削除キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto -